中国語と英語を勉強しています。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
| Login |
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-08-03 (土) | 編集 |
憧れの九寨溝・黄龍に行ってきました。雨季なので、お天気が心配でしたが、雨はちょっと降るだけで、すぐに晴れてしまいました。人もそれほど多くなく(中国の観光地としては、という意味ですが)、九寨溝・黄龍とも水量が豊富で見ごたえがあり、散りかけながらもお花がたくさん咲いていました。

木々の緑と水の色が目に焼き付いています。とっても遠かったですが、行ってよかったです。ちょっとだけ写真を載せてみます。


熊猫海
xiongmaohai.jpg

五花海
wuhuahai.jpg

鏡海
RIMG0142.jpg

五彩池
RIMG0203.jpg

黄龍 
huanglong2.jpg


huanglong.jpg

黄龍の滝
huanglong3.jpg
2013-04-26 (金) | 編集 |
4月ももう終わりですね。今日は午後から学校の行事があったので、会社を休みました。午前中やりたいことが色々あったのに、二度寝をしたりダラダラと過ごしてしまいました。子供が4月から1年生になったので、生活パターンがガラリと変わりました。まだ子供も私も慣れていなくて、すぐに疲れてしまいます。「小1の壁」ではないですが、慣れるまで無理はしないようにしようと決めました。

今学期翻訳スクールはお休みすることにしましたが、大正解。。。仕事も忙しくなりそうなので、もうしょうがありません。他の中国語学習者のみなさんのブログを読んで、忙しくとも頑張っていらっしゃる姿を見ると、ちょっと自分が情けない気もしますが、しばらくは限りある気力と体力を子供と仕事に向けたいと思います。GW前半は休養、真ん中は仕事、GW後半は家族サービスでリフレッシュしたいと思っています。

忙しい毎日の中、ちょっと現実逃避。。。実は昨年末全日空の特典航空券で香港に行くつもりでしたが、10か月間空席待ちをした結果取れなかったので、ANAが嫌いになりかけました。その後もちょくちょくチェックしていたのですが、今年のGWも夏休みも年末も香港行きの特定航空券はいつもいっぱい。。。シンガポールやバンコクも人気です。だったらどこなら取れるんだろう、と調べてみたら、中国各地は結構取れそうということがわかりました。というわけで、今年の夏は特典航空券を使って九寨溝に行くことにしました。

成都経由ではなく上海経由で行く予定です。成都経由で行きたかったのですが、成都→九寨溝は満席でした。桂林もいいかな、と思いましたが、学生時代に行ったことがあるのでパス。麗江も行きたかったけれど、上海、昆明と2か所を経由する必要がありパス、というわけで九寨溝に決定です。あとは仕事で行けなくなった~なんてことがないように頑張らないといけません。。。ちょっと不安です。

D06 地球の歩き方 成都 九寨溝 麗江 2012~2013D06 地球の歩き方 成都 九寨溝 麗江 2012~2013
(2011/10/01)
地球の歩き方編集室

商品詳細を見る


地球の歩き方、どんどん内容が薄くなっている気がします。買ってみましたが、九寨溝についても情報が少ないこと。。。
2012-06-20 (水) | 編集 |
Marieさんが北京に行かれるというので、聞かれてもいないのに勝手に牛印の蜂蜜ヨーグルトを勧めてしまいました。デザインもださかわくて、キャップの蓋が紙なのが北京っぽいです。甘いのですが、こどもも大人も好きな味だと思います。プレーンがあったら、私はプレーンを買いたいですけどね。

1250929_534361778_185large.jpg

こちらは、イギリス人が南锣鼓巷でやっているTシャツ屋さん“创可贴8”の写真です。写っていませんが、牛ヨーグルトのマークがプリントされたTシャツも売ってました。自分用と子供用にTシャツを買いましたが、なかなか質もよくデザインも気に入っています。

1250929_534361132_92large.jpg

2012-03-11 (日) | 編集 |
去年の10月から今年の2月までインターネット受講していた翻訳スクールの奨学生に認定されました!来学期は学費の値引き(25%off) が受けられます。先週、成績表も届いていたのですが、両科目(和文中訳、中文和訳)ともいい評価をいただけていたので、若干期待していたのですが、インターネット受講者だと難しいのかなとも思っていたのでした。

インターネットの受講は、その場で質問ができないのが、若干歯がゆかったですが、メールで質問をすると、わりと丁寧に先生が答えて下さったので、ありがたかったです。来学期は4月半ばからなので、その前に復習しないと。。。

2012-01-05 (木) | 編集 |
遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
読書・学習が進まずなかなかブログが更新できませんが、今年も細々と書いていきたいと思います。

年末年始は、奥田英朗の「最悪」と「邪魔」を一気に読みました。日本語のように英語や中国語も速く読めるようになりたいです。

海岩の「一场风花雪月的事」は、年末に何とか読み終わりました。途中ハラハラするシーンもあり、残酷な展開がありと、とても面白かったです。ただ最後のほうは主人公の吕月月(元警官の美女)にあまり共感できませんでした。陰のある美人で魅力的なのはわかるのですが、同僚や上司や恋人に対して、それは無いんじゃないの?と思ってしまいました。でも“男なら誰でもほっておけないほどの美人”であるがゆえに、普通の幸せが手に入らない呂月月はやはり可哀そうだとも思いました。

呂月月は张爱玲の短編小説「色・戒」のヒロイン王佳芝と対照的な感じがしました。「色・戒」は先に映画を観たのですが、ギリギリのところで王佳芝が言う“快走”という短いセリフに痺れました。王佳芝(スパイ)は暗殺する機会をずっと狙っていた男(政府高官)を最後の最後で逃がして、自分は仲間と処刑されてしまうのですが、“快走”という短いセリフの潔さと切なさがじーんときました。

年始から、刘震云の「一句顶一万句」を読んでいます。朝日新聞 Globe のコラム「世界の書店から」で紹介されています。また映画「手机」がとても面白かったので、原作者の刘震云が気になっていました。

世界の書店から

最初は登場人物が多いので、読みにくいかなと思っていたのですが、読み進めていると段々面白くなってきました。今は三分の一ぐらい読み終えたところです。中国の農村ものなので、ちょっと前に読んだ莫言の「蛙」に通じるものがあります。

「一句顶一万句」には、布教に失敗しているイタリア人の老神父が出てきます。40年間河南省延津で布教をしているのですが、信者はなんとたったの8人!老神父は中国語も延津の方言もできるのですが、言いたいことがあるのにうまく言えない、伝えられないという設定で、本の中では〝茶壶里煮饺子”という表現が使われています。急須に詰まった餃子(もちろん水餃子!)を想像して笑ってしまいました。

この本を読んで思い出しましたが、宣教師の方々は、日本語にしろ中国語(含む方言)にしろ、布教している土地の言葉を完璧にマスターしている方が多いですよね。どうやって勉強しているのかずっと気になっています。信仰=モチベーションの強さだけで説明がつくのでしょうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。