中国語と英語を勉強しています。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
| Login |
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-11-05 (土) | 編集 |
朗読はずっとやってみたかったのですが、周りに聞いてくれる相手がいないので、ブログで公開してみようと思います。国産トライリンガルのつづきというブログを書かれているめいもっくさんのオーディオ付スライドがとてもきれいで、面白かったのですが、私にはちょっと無理そうなので、音声ファイルだけ作ってみました。本当は一つのファイルにまとめたかったのですが、ファイルサイズがでかくなってしまったり、youtubeへのupのしかたがわからなかったので、とりあえずできたものを載せてみます。

発音はわりと得意だと思っていたのですが、冷静に聞くとやはり声調があやしい。あとやっぱりかなり日本人っぽいなまりですね。朗読だと得にそれが強く出ますね。でも音読もいい練習になると思いますので、思い切って載せてみます。

読んでいるのは、毛丹青さんのエッセイ集の中の月牙儿という章です。この本、CD付でとてもお勧めです。エッセイとしても味わい深く、解説も丁寧です。CDは毛丹青さんご自身と歌手・作家・女優の田原が担当していて、毛丹青さんのちょっととぼけた感じと、田原のガーリーな感じが、面白いです。

珠玉の中国語エッセイで学ぶ 長文読解の秘訣珠玉の中国語エッセイで学ぶ 長文読解の秘訣
(2009/07/31)
佐藤 晴彦

商品詳細を見る


月牙儿

屈指一算,当时、我还是小学六年级的学生。有一天老师点名叫我大声念:"山路蜿蜒, 一直往西,月亮多像小船,划到那美丽的天边..."念到这儿,老师问我:"你觉得这段描写怎么样?"
我回答:"月亮不像小船,月亮像豌豆呀!"
老师似乎有点儿吃惊,他盯着我说:"不对,什么豌豆不豌豆的,你连范文的意思都没弄清楚!”老师大声的训斥在教室里回荡。
放学后有的同学骂我逞能,出风头。我觉得委屈。心理非常难受。
Yueyar Part 1

后来,我毕业了,上完高中,还考上了北京大学。这期间,大约有三个月的实习时间,大学生要为农村的小学教育做出贡献。于是,我离开了北京,去了河南省的农村。
我教的课是作文。说来也巧,班上使用的课文跟我小学的时候一模一样。到了念课文的时间,我让一个男孩儿大声念。他念到:"山路蜿蜒, 一直往西,月亮多像小船,划到那美丽的天边..."
Yueyar Part 2

这时,我几乎出现了错觉,眼前的男孩儿,好像不是别人,恰恰是我自己也正在大声念这一段。我情不自禁的问他:"你觉得这段描写怎么样?"
Yueyar Part 3

男孩儿一边红着脸,一边小声说:"老师,月亮不像小船,月亮像豌豆呀!"
这一刻,我说不出话来了。稍后,我对课堂的同学们说:"回答得真好!"
 光阴流逝,将近二十年都过去了。我也移居到了日本。有一天,我接到了一个从中国寄来的邮包,里面是一本小说。书里夹着一张题签:"谢谢您的作文课”。寄书的人原来就是那个男孩儿,他现在已经成了作家,而他的这本小说的名字是《月牙儿》。
Yueyar Part 4


スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
Wow! Sounds so authentic! 几乎听不出外国人的口音来耶(なんだか日本語で言うのが恥ずかしいので)。

留学されていたのは香港と台湾だとおっしゃっていたのに、何とも标准な発音ですね。なぜ??(ってそりゃ标准な発音を身につけるために努力されたんですよね) 私は中国語を話すと絶対に台湾或いは南方訛りがあると言われるのですが、私が思うに日本人にとっては南方訛りの方が真似しやすいはずなので南方訛りにさらされているとついついそちらが身についてしまうことが多い気がします。

そしてもう一つ嬉しかったのが私も同じエッセイ集を持っていることでした^^ 田原の朗読、めっちゃ少ないやん(2つぐらいでしたよね?)と多少残念に思ったのですが、私もそのエッセイ集好きです。次に音声を載せるときは私もそのエッセイ集からの朗読を載せてみようかな、なんて思っていました:)
2011/11/05(Sat) 22:45 | URL  | めいもっく #cc4cnLXQ[ 編集]
めいもっくさん、早速聞いていただきありがとうございます。しかも、お褒めいただき、恐縮です。本人としては、日本人っぽい重さが気になるんですよね。やっぱり練習が必要なのか、発音矯正をしたほうがいいのか。

私は大学の第二外国語や語学学校ではなく、ラジオ中国語講座から始めたのですが、当時講師をされていた陳真先生の美しい中国語を理想にしていました。その後香港の某大学付属の語学学校で学びましたが、そこは中国語教師オールスターズといった感じの、経験豊富で高学歴の先生ばかりでした。先生方の発音は出身地を問わず完璧でしたが、北京出身の先生の発音が本当に好听で、みんなでうっとりでした。

台湾で通っていた学校も大学付属のところでしたが、そこでは北京出身の比較的高齢の先生と台湾出身の若い先生に習いました。二人とも発音はきれいでした。

香港では学校の外であまり練習できなかったのですが、台湾では逆に会話の機会がものすごく多かったので、台湾腔でも結構話せますよ。

めいもっくさんもこの本持ってるんですね!田原の朗読は2つだけです。朗読に選んだ理由としては、内容ももちろんのこと、長さがちょうどよかったからです。短い文章なのに、内容が深いので毛丹青さんって文章上手だと思います。
2011/11/06(Sun) 09:14 | URL  | キャロル #JnoDGgPo[ 編集]
私も
こんにちはー。私も早速拝聴しました!ほんとに標準的でびっくりしました。日本人は振幅の絶対値が小さいなと思ってるんですが、音の高低がちゃんと出てますねー。控えめな声量に唯一日本人らしさを感じたくらいで^^

私はお恥ずかしくて絶対公開できないわ…

私もこの教材持ってます。知り合いに貸したまま返ってきてませんが…。
田原ちゃんにも毛丹青さんにもお会いしてほんのちょっとお話したことがあるのがプチ自慢です~
2011/11/07(Mon) 09:21 | URL  | Marie #iEaX57To[ 編集]
ありがとうございます。
Marieさん、こんにちは!コメントありがとうございます。

朗読のときは、音の高低をできるだけ意識して読んでいますが、疲れてくるとだんだん平坦になってしまいます。難しいです。音量についてですが、本当はもっと大きな音で録音できていたと思ったのですが、聞いてみたら小声になっていました。決して声が小さいほうではないのですよ。ローテクなだけです。(汗)

Marieさん、田原と毛丹青さんに会ったことあるんですね!しかも話したことあるなんて!!!羨ましすぎます。この本、内容はいいのに、あまり人気が無いのかと思ってたのですが、Marieさんもめいもっくさんも持っていたなんて、偶然とは思えません。

Marieさんのブログは、有用な情報満載なので、またお邪魔します!
2011/11/07(Mon) 19:28 | URL  | キャロル #JnoDGgPo[ 編集]
そうでしたか、香港では広東語を学ばれていたのかな?と思ったのですが、そこでも普通語を学ばれたのですね。でもキャロルさんのことだから、広東語も恐らくおできになるのでしょう。

Marieさんとのやり取り、おもしろく拝見いたしました。音の高低幅が少ないと日本人っぽい発音になるなんて考えたことありませんでした。私も今後意識してみたいと思います。

キャロルさんの真似をして私もこのエッセイの朗読を録音してスライドショーを作ってみました。できたら今日中に自分のブログにUPしてみまーす。ちなみに私は多分もともとWindows7のコンピューターに入っていたWindowsムービーメーカーというのを使ってスライドショーを作り、そのままYoutubeにUPしています(ムービーメーカーにYoutubeにUPするための機能がついています)。ちなみに私は何を隠そう音声だけを公開する方法を知らないのです^^; なので今回もスライド付きになりました。


2011/11/08(Tue) 08:36 | URL  | めいもっく #cc4cnLXQ[ 編集]
女性って凄いなぁ
驚きが沢山です。
①中国語ってこんなに美しいんだ、って音声を聞いて感動したこと。
②アマチュアの皆さんがこんなに積極的に動画(YouTube)やmp3音声をブログにアップしていること。(これはエンジニア視点からです。)
いやー、女性の方々っていつも思いますけどやりたいことがはっきりしていると、どうにかやってしまうのが男性の私からは「凄い!!!」と思えます。
私も早く、皆さんのように「中国語の発音の違い」がわかるように勉強しなくちゃ、って思います。
また、meimokhさんやキャロルさんのブログを楽しみにしています。
2011/11/09(Wed) 00:39 | URL  | SUL #kLCZl7R6[ 編集]
めいもっくさんへ
めいもっくさん、

残念ながら、広東語はほとんどできません。留学生は、普通話か広東語を選ぶことができたのですが、普通話クラスを選択しました。自力で勉強することもできたのですが、当時普通話も初級レベルだったので、途中で諦めてしまいました。

朗読のオーディオスライド、早速作られたのですね!また参考にさせてください!
2011/11/09(Wed) 13:31 | URL  | キャロル #JnoDGgPo[ 編集]
SULさん、

こんにちは。聞いてくださってありがとうございます。

音声のアップは、調べながら試行錯誤でやりましたが、本当はもっといいやり方があると思います。次に向けて更に研究してみます。

それにしても、エンジニア視点ってかっこいいですね!
2011/11/09(Wed) 13:38 | URL  | キャロル #JnoDGgPo[ 編集]
ブログにリンクしました
キャロルさん、

コメントへの返事ありがとうございます。
ちょっと自分のブログに「つぶやき」を書きました。

http://see-ya-later.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-b9f5.html

また、宜しくお願いします。
2011/11/10(Thu) 18:46 | URL  | SUL #kLCZl7R6[ 編集]
SULさん、ありがとうございます。youtubeにも挑戦してみました。私はあまりにも素人なので、調べながらやっていますが、これはこれで楽しいです。もちろん専門家から見たら、遠回りで変なやり方なのかもしrません!
2011/11/11(Fri) 22:51 | URL  | キャロル #JnoDGgPo[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。