中国語と英語を勉強しています。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
| Login |
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-11-03 (木) | 編集 |
通訳案内士は去年英語と中国語のダブル受験にトライし、ダブル合格しました。そもそもこの試験を受けようと思ったきっかけは、会社の先輩が一昨年合格したと聞いたからです。(実は学生時代からずっと気にはなっていたのですが、過去問をちらりと見たら難しかったので、なんとなく諦めてしまっていました)

そして、先輩から、“英検1級保持者は、一次の英語試験免除だから、ものすごく有利だよ”と聞き、すぐその気になり準備を開始しました。英検1級保持者が一次の英語試験が免除になるというのは、2006年ぐらいからの制度で、それより前に合格した人にはあまり知られていないようです。最初、中国語とのダブル受験にするかで少し悩みました。先輩に相談したら、“英語の一次が免除なんだから、ぜひトライしたほうがいい。両方受かるかもしれないよ。”と言われ、すぐその気になり、ダブル受験で願書を提出しました。

私にとっては中国語の一次試験が最大の難関でした。インターネットで見つけたshrimp先生の和訳講座を受講して、配点の高い和訳問題の対策をしました。それ以外の部分は参考書と過去問だけでは不安だったので、日中学院の“代ゼミで受ける通訳案内士講座”を受講しました。毎週日曜日に2時間、計10回受講するコースなのですが、用事があったりして結局8回ぐらいしか受講できませんでした。テキストはよくまとまっていたのでよかったです。残念ながら代ゼミで受ける講座は、もう廃止されてしまったようです。人気が無かったのでしょうか。

買ってよかったテキストはこの二つです。

徹底攻略 国家試験通訳ガイド中国語(改訂版)徹底攻略 国家試験通訳ガイド中国語(改訂版)
(2010/07/24)
中国語言学院

商品詳細を見る


中国語で紹介する日本 文化編 (東進ブックス―外国語で紹介する日本シリーズ)中国語で紹介する日本 文化編 (東進ブックス―外国語で紹介する日本シリーズ)
(2003/07)
林 怡州、後藤 香代子 他

商品詳細を見る


特に徹底攻略国家試験通訳ガイド(中国語)は、おすすめです。 試験会場でもたくさんの受験者の方が持っていました。私はこの本の単語リストを丸暗記してテストに挑みました。というのも中国語ジャーナルの中で通訳案内士の解説をしていた先生が、単語問題の対策として、“いっそ丸ごと暗記してしまえばいい”というようなことが書いておられ、それもそうだなと思ったわけです。試験対策には工夫やコツもあるかもしれませんが、ぽん!と暗記するというシンプルさに逆に合点がいったのです。ただ、この本の単語リストはかなりの量なので、一夜漬けは無理だと思います。私は3週間ぐらいかけて暗記しました。

中国語で紹介する日本 文化編は、CDが付いているので通勤途中に聞いていました。40文字で日本の事象を説明する問題の対策にはとても良い本だと思います。辞書のような少し硬い文体で書く練習になります。インターネットでは売り切れなので、作者が校長をされている語学学校に問い合わせて、購入しました。

一次試験直後は、絶対受からない!と思いましたが、日本人受験者を増やしたいという意図があるのか、無事合格しました。過去問を見ると、難しいので無理だと思ってしまうかもしれませんが、70点取れれば合格なので、興味がある方は受けてみてもよいと思います。ただ、資格自体が危ういので受験者の人数は年々減っているそうです。

また、中国語と韓国語は中国人(含む香港人、台湾人)と韓国人の受験者の比率が年々上がっているようです。私が一次試験を受けた会場では、半分以上中国人だったと思います。中国人受験者の若者たちは、各科目の試験が終了した後の私語がひどくて、試験官まだ重要事項を説明しているのに、答え合わせで大盛り上がり。。。さすがに試験官は切れかかっていました。
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。