中国語と英語を勉強しています。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
| Login |
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-08-27 (月) | 編集 |
ちょっと前に、翻訳者向けのサイト、アメリアに入会しました。入会費、年会費と合わせて2万円強と高いので、かなり迷ったのですが、結局入会してしまいました。

アメリア
https://www.amelia.ne.jp/userTop.do

アメリアでは、翻訳者向けの様々な情報提供のほか、毎月定例トライアルというのが実施されていて、成績がAA,A,B,C,D,Eの6段階で評価されます。課題も細かくカテゴリーが分かれていて、フィクション、ノンフィクション、ビジネス総合、金融、メディカル、日英などがあり、毎月二つのカテゴリーから課題文が出されます。一回参加すると1500円かかりますが、レベル判定のみで、添削はありません。

一番上のAAはそのままプロで通用するというレベルということで、該当者なしのときも多いです。6月の課題は日英とビジネス総合という自分が好きな分野だったので、両方とも参加してみました。結果は日英がB、ビジネス総合がAでした。実は日英のほうで、Aを狙っていたのですが、今日HPに発表されていた講評を読んで自分の文法力や表現力がまだまだだということがよく分かりました。お仕事となると、冠詞とか動詞の選び方とか、本当に難しいです。

7月もちゃんとノンフィクションとメディカルの課題を提出できたのですが、8月は夏休みもあり、一つも出せませんでした。。。課題はどれもそれほど長くないのですが、毎月続けるのはなかなか大変です。インターネット受講している中国語の翻訳スクールは10月半ばまでお休みなので、9月はまたアメリアの課題を頑張ろうと思います。

中国語でも似たようなサービスがあると嬉しいのですが、やはり英語ほど学習者のすそ野が広くないので、難しいだろうなと思います。アメリアには英語以外の翻訳のお仕事や翻訳者の方の体験談なども載っているのですが、英語と比べるととにかく少ないです。

スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
入会されたのですね!
アメリアはよく耳にするんですが、実際に入会されている人には出会ったことがなかったので有益な情報ありがとうございます。「翻訳の仕事を探している人が入会するところ」というイメージがあったのですが、勉強する場としても使えるんですね。トライアルの評価をしてくれるのであれば自分のレベルが客観的に分かってよさそうですね。入会金がもっと安ければよいのになあ。

ちなみに「日英」というカテゴリー以外は英日翻訳なのですか?日英の場合の分野は決まっていないんですか?
(いろいろきいてスミマセン...)

Aをとるのも難しそう。さすがキャロルさんだなぁ。
2012/08/27(Mon) 21:56 | URL  | Pecoritta #TBe3fdzs[ 編集]
pecorittaさん、こんばんは。いつも読んでくださってありがとうございます!

見た感じでは、翻訳の仕事をしたいから勉強している会員の方が多いように思います。入会費、年会費はちょっと高いですよね。半額にしたら会員数がぐっと増えそうです。

お察しの通り、日英というカテゴリー以外は、英日翻訳です。日英の課題の内容は色々みたいですよ。私がやった6月はIT企業経営者の社内向けメッセージでした。

英語もちゃんと勉強しなおしたいんですよ。最近、ものすごく英語ができる先輩が部署に来たので、その方に英語で書いたものを出すのが辛いので。。。
2012/08/27(Mon) 23:32 | URL  | キャロル #JnoDGgPo[ 編集]
ありがとうございます
ご質問にお答えいただいて有難うございます。
そうですか、「日英」以外は和訳なのですね。

職場でそういう先輩が急に登場したら私もビビりそうですが、「がんばらなきゃ」といい発奮材料になりそうですね。

私はキャロルさんから刺激を受けて頑張っていきます~。
2012/08/28(Tue) 22:15 | URL  | Pecoritta #TBe3fdzs[ 編集]
Re: ありがとうございます
Pecorittaさん>

そうですね、やはり自分より高いレベルの方が周りにいると、刺激になります。教えてもらえるし。

その先輩は、大学で語学に目覚めたらしいのですが、第一外国語(英語)と第二外国語(ヨーロッパの言語)が両方とも通訳・翻訳ができるレベルなんですよ。話す、読む、書くのバランスがとれていて、これぞトライリンガルという方です。

基本的にやさしい方ですが、一緒に英語の資料なんかを作るときに足を引っ張らないようにひやひやです。

2012/08/29(Wed) 21:33 | URL  | キャロル #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。