中国語と英語を勉強しています。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
| Login |
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-08-09 (木) | 編集 |
今日は電話で翻訳スクールの先生(中文和訳担当の日本人講師)と15分ほど個人面談をしました。今学期の振り返りと来学期の学習内容について話し合うということでしたが、先生も過去に翻訳の勉強をしながら育児をされていたということで、「焦らないで、長期的な視点を持つ」ことが大事というようなお話をしてくださいました。そして、話の中から先生は優先順位をきちんとつけた上で、ものすごく努力をされてきたことがわかりました。

私は課題を終わらすのに時間がかかることが、悩みだったのですが、先生曰く今の段階では無理に速く訳そうとする必要はなく、完成度の高い訳文を作れるようになってほしいそうです。スピードは量をこなせば、誰でも上がるので、今は目標にしないほうがいいとのことです。全体的にポジティブな評価をいただき、ほっとしました。

来学期の和文中訳は、この学校の看板講師、王先生が担当されるのですが、今学期の先生からも「絶対お勧めです」と言われました。王先生の著作はすでに一冊だけ読んだことがあるのですが、とても面白かったです。日本語と中国語の世界を自由に泳ぎ回っている方、という印象です。王先生はかなり早口らしいのですが、インターネット受講だから繰り返し聴けるので安心です。

中国語翻訳作法―文の理解から訳出のプロセスまで中国語翻訳作法―文の理解から訳出のプロセスまで
(2005/12)
王 浩智

商品詳細を見る


仕事で翻訳をしたり、翻訳スクールの課題をやっているとき、日本語らしさ、中国語らしさ、英語らしさってなんなんだろうと思います。講師の先生たちの訳文は、どんなに訳しづらい文章でもとても自然で、日本語(中国語)らしい表現におさまっているので、そういうところをどんどん真似していきたいと思います。
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
おぉ、王先生!
キャロルさんは王先生のスクールを受講されていたのですね!
私も王先生の本をはじめて読んだとき、とても面白いと思いました。キャロルさんが紹介されている本ともう一冊別の翻訳関連書を読んで「この人の考え方や文章の書き方好きだなあ」と思っていたところ、最近スクール講師であることを知りました。通学は無理だなあと思っていたのですが、通信では電話やインターネットで授業が受けられるのですね。
私は王先生の授業を受けられるようなレベルではないので、キャロルさんの授業の報告楽しみにしています。
来期もがんばってくださいね。
2012/08/11(Sat) 05:57 | URL  | Pecoritta #TBe3fdzs[ 編集]
Re: タイトルなし
Pecorittaさん>

コメントありがとうございます。
王先生が目当てで受講している方も多いみたいです。先生はレベルチェック不要の短期講座も持っていて、そこから入る方も多いようです。受けた方によると、短期講座も目からうろこの連続だそうです。

王先生以外の講師の先生方も、教え方が上手で知識も豊富ですが、王先生は別格らしいので、今から楽しみです。

インターネット受講は、最初どうかなと思っていましたが、自宅で自分の好きな時間にできるので、便利です。来学期も途中で課題をしんどく感じることがあると思いますが、頑張ります!
2012/08/11(Sat) 20:17 | URL  | キャロル #-[ 編集]
以前キャロルさんが先生に「你有能力」と言われた、という台詞が、私に非常に強い印象を残しています。
キャロルさんが受講されているだろうと思われる学校のHPを検索してしまいました。
私もいつの日か、通信講座を受けれるだけの実力に達したいものです。
それにしても、仕事に主婦業にそして2ヶ国語学習!
私から見ればキャロルさんは既に神の領域に達しています~
2012/08/15(Wed) 17:12 | URL  | meibao #DLU48bJs[ 編集]
Re: タイトルなし
meibaoさん>

こんばんは!私が通っているスクールだったら、meibaoさんも受講できますよ。(一応レベルチェックはありますが、そこまで厳密な感じではなく、同学のレベルにはかなり幅がある感じです)

先生方は褒めて励ますのも上手なんですよ~。でもモチベーションを保つこと、続けることがやはり大事なので、ありがたいです。
2012/08/17(Fri) 20:29 | URL  | キャロル #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。