中国語と英語を勉強しています。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
| Login |
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-05-13 (日) | 編集 |
The Help読み終わりました。いい話でした!おすすめです。

1960年代のアメリカ南部ミシシッピが舞台です。裕福な白人家庭でHelp(メイド)として働く黒人女性たちと、一人の若い白人女性(主人公:Skeeter)の勇気と友情の物語です。白人と黒人が交流することさえ許されなかった時代に、SkeeterはHelp達にインタビューをして一冊の本にまとめることを思いつきます。最初は警戒していたHelp達でしたが、少しずつ心を開き、自分たちの経験や心の中に抑え込んでいた感情や言葉を吐露していきます。

思慮深く、雇い主の子供に愛情を注ぐAibileen, 一番の料理上手なのに、口ごたえをするため、何度も解雇された過去を持つMinnyといったHelp達のキャラがみんな面白くて魅力的でした。白人の登場人物も色々で、バリバリ差別主義の人も出てきますが、ひそかにHelpと心を交わす人もいます。Skeeter本人も自分を育ててくれたConstantineというHelpのことをずっと慕い続けています。裕福な白人が必ずしも幸福なわけではなく、白人同士でもイジメや窮屈な人間関係があったりということも描かれています。なんとなく、ちょっと前に流行ったママ友のドラマに通じるものがある気がしました。ラストは旅立ちと希望を感じさせ、よかったです。

次の一冊は、これにしようと思っています。カテゴリー的にはYoung Adult Novelらしいですが、第一章を読んだ感じでは、Nineteen Eighty-Four (George Orwell) にちょっと似た近未来ものという感じです。Nineteen Eighty-Fourは学生時代に読んだのですが、今でもふと思い出すほど、すごい小説です。

The Hunger GamesThe Hunger Games
(2012/01/01)
Suzanne Collins

商品詳細を見る


Nineteen Eighty-Four (Penguin Modern Classics)Nineteen Eighty-Four (Penguin Modern Classics)
(2004/01/29)
George Orwell

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
キャロルさん、こんにちは!"The Help"もう読まれたのですね!これいいですよね~。あのblack Englishは是非オーディオブックで聞きたかったのですが、なぜか入手できず(Audibleには広告としては表示されているのに、検索しても出てこないんです)でした。

キャロルさんは現代的なポピュラーなものから、かなり正統派のものやクラシックなものまで幅広く読まれるんですね。私はどうしてもポピュラーなものにばかり手がいっているので、ここらでずっしり重いものにも手を出していきたいと思っています^^
実は『兄弟』をやっと昨日から読み始めたんです。最初から声を出して笑ってますよ~。原文で読む醍醐味を堪能しています。誰かにこの気持ちを伝えたいのもあってやってきました^^教えて下さったキャロルさんに感謝です~。
2012/05/15(Tue) 14:36 | URL  | めいもっく #cc4cnLXQ[ 編集]
Re: タイトルなし
めいもっくさん>
こんにちは!The Help、面白かったです。いつも英語の本の情報ありがとうございます。確かにこの本は、音声で聞くと実感がさらにわきそうですね。映画も評判が良いので、観てみたいです。個人的には、CeliaとMinnyのかけあいが好きでした。あとちょっとしか出てこないんですが、Mrs. Stein。当時のニューヨークとミシシッピは違う国みたいですね。それは今もそうかもしれません。アメリカは広い!

「兄弟」面白いですよね。力作だと思います。中国の急速な経済発展がもたらした社会の変化を非常に極端に描いているのですが、その中にも普通の人たちのリアルな面が感じられて面白かったです。経済発展の代償は、気づかぬうちに、一人一人の中国人が払っているんだなと思います。やはり理不尽で不公平なことも多いのですが、みんなたくましいなと感服しちゃいますよね。
2012/05/15(Tue) 19:37 | URL  | キャロル #-[ 編集]
めいもっくさん>続きです。

Nineteen Eighty-Four は、授業で読んだんです。私もクラシックな本はなかなか自分では読まないです。ただ、こういった名作は、授業でしっかり読み込んで、本当によかったなと思います。授業で読んだ本は、いい本が多かったので。。。

めいもっくさんもまた読んだ本を教えてくださいね♪
2012/05/15(Tue) 21:03 | URL  | キャロル #JnoDGgPo[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。