中国語と英語を勉強しています。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
| Login |
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-11-17 (木) | 編集 |
中検準1級対策の基本となるのが過去問です。私は既に家にあった古い過去問1冊と新しいのもの2冊(2008年、2009年)を買って勉強しました。解説が丁寧なので、値段が高くてもこの問題集はあったほうがいいと思います。また、中国語検定協会のHPに過去問と回答(解説無し)が掲載されています。まだ問題集として出版されていない数回分は、このHPを活用しました。

中検準1級・1級問題集〈2011年版〉中検準1級・1級問題集〈2011年版〉
(2011/03)
中検研究会

商品詳細を見る


中国語検定は、リスニングと筆記の二部構成ですが、相対的に筆記の難易度が高いです。リスニング部分の過去問を一回やってみて、大丈夫そうだったら、対策はそれ以上しなくてもいいと思います。(ただ、リスニングで出てくる文章は、筆記対策の勉強に使えます)

筆記問題は、下記の5つの部分に分かれています。
1) 長文読解、2)単語、3)成語・慣用句4)中文和訳、5)和文中訳
1)~3)は四択問題なので、簡単に答え合わせと自己採点ができます。4)和訳と5)中訳はどれぐらいできたのか、判断しづらいのですが、採点自体はそれほど厳しくないように思います。

長文読解の文章とリスニングで読まれる文章は、分からない単語や文法的構造が無くなるよう精読しました。私はノートに文章を書き写し、意味と読み方が分からない単語は辞書を引きました。文法事項の確認のため併用したのが、通訳メソッドを応用したシャドウイングで学ぶ中国語文法 (長谷川 正時著 / スリーネットワーク)です。通訳メソッド~は、文法書ではないのですが、中検2級~準1級の文法事項のおさらいに使えると思います。

通訳メソッドを応用したシャドウイングで学ぶ中国語文法 (マルチリンガルライブラリー)通訳メソッドを応用したシャドウイングで学ぶ中国語文法 (マルチリンガルライブラリー)
(2005/10)
長谷川 正時

商品詳細を見る


単語、成語、慣用句部分については、過去問をやってみて分からないものは一つ一つ辞書で調べます。正解以外の選択肢も分からないものはきちんと調べて意味を理解しておくといいと思います。私は四択問題の部分だけ1級の問題にも目を通しました。1級もv四択問題はそれほど数が多くないので、それほど負担ではありませんでした。

単語問題はHSK用の参考書や模擬問題集、成語と慣用句は別の参考書も併用しました。
成語は、10年以上前に買った おぼえておきたい中国語成語300 (香坂 順一著 / 光生館)が探したら出てきたので、使いました。中国語ジャーナルで連載していた精選成語480も活用しました。

おぼえておきたい中国語成語300 (おぼえておきたい中国語300双書)おぼえておきたい中国語成語300 (おぼえておきたい中国語300双書)
(1992/10)
香坂 順一、羅 小東 他

商品詳細を見る


慣用句は、光生館のおぼえておきたい中国語慣用語300がほしかったのですが、Amazonでは在庫なしだったので、家にあったネイティブがよく使う中国語表現を使いました。
ネイティブがよく使う中国語表現ネイティブがよく使う中国語表現
(2000/03)
于 美香、于 羽 他

商品詳細を見る


試験対策と並行して、通勤時に中国語ジャーナルと聴く中国語の聞き流しを続け、月に1冊程度のペースで中国語の原書を読みました。朗読でご紹介した毛丹青さんのエッセー集も試験前に読みました。単語、成語、慣用句はこういった勉強を並行してやることで強化することができると思います。

和訳と中訳は対策が難しい部分です。和訳に関しては、不自然にならない程度に直訳するのがいいと思います。意訳すると、誤訳・訳し漏れのリスクが高まるので、試験のためと割り切って直訳することをオススメします。中訳は、私がもっとも苦手とする部分です。対策の仕方も分からなかったので、とりあえず過去問の模範解答をノートに書き写しただけで、試験に臨みましたが、実際の試験では20点中16点という結果でした。

今年11月号の中国語ジャーナルは準1級対策を特集していたのですが、日本中国語検定協会理事長の上野恵司先生が日文中訳の上達法について"(独習者は)よい文章をできるだけたくさん読んで、少しでも覚えるのがよい”"模倣に模倣を重ね、まねてまねてまね尽くす”と書いています。模範解答をノートに書き写すというのは、予想外に正しい対策だったのかもしれません。また上野先生は、1級のリスニング問題の文章を筆記の対策用に活用することをすすめています。私はやりませんでしたが、なるほど!と思いました。

隙間時間で勉強していたので、試験勉強は試験日の約3ヶ月前から始めました。最後の1週間は調べたり、ノートに書くのはやめ、作ったノートや単語、成語、慣用句の復習に切り替えて、しっかり暗記するようにしました。ただ、準1級は範囲が広いので、暗記しても暗記しても終わらないという気がしました。ここまで色々書いたのですが、合格したのは、運もあったと正直思っています。
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/11/27(Sun) 20:50 |   |  #[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。