中国語と英語を勉強しています。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
| Login |
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-11-13 (日) | 編集 |
私は英語も中国語も、現地で学んだ経験がありますが、帰国後のかなり長い期間、独学を続けています。独学の一番大事で難しいところは、続けることです。仕事や生活でその言語を使うことは、非常に効果的で続けやすい学習方法だと思います。私の場合、英語は日々使うのですが、中国語は仕事でも生活でも全く使わないので、維持・向上には工夫が必要でした。

語学についてのアドバイスではないのですが、勝間さんのコラム「やる気に頼るな、仕組みに頼れ」が非常に参考になります。

試験勉強には気合も大事だと書きましたが、継続するためには仕組みが大事です。仕組みとは、毎日続けられるようなやり方のことです。例えば、毎日何ページテキストを読むとか、毎日書き取りをやるとか、問題集を何ページやるといった学習を試験前以外に日常的に続けるのは難しいです。私の場合、3日続けばいいほうかなというレベルです。

では、毎日続けられるのは何か。以前隙間時間について書きましたが、隙間時間に毎日できることは何か。そこで思いついたのが、車の中で中国語ジャーナルと聴く中国語を聞き流すことでした。これは、何の苦もなく自然に続けられました。1年半ほど続けましたが、中国語検定やHSKには非常に効果があったと思います。中国語ジャーナルと聴く中国語は中級の学習者にとって〝続けやすい”教材だと思います。

中国語ジャーナル 2011年 12月号 [雑誌]中国語ジャーナル 2011年 12月号 [雑誌]
(2011/11/09)
不明

商品詳細を見る


聴く中国語 2011年 11月号 [雑誌]聴く中国語 2011年 11月号 [雑誌]
(2011/10/08)
不明

商品詳細を見る


中国語ジャーナルと聴く中国語のもう一つのよいところは、小説、ドラマ、映画、音楽の紹介があるところです。田原という歌手、女優、作家も中国語ジャーナルで知り、興味を持ちました。ただ、ここ半年ほどは購入をやめていました。やめていた理由は、異動になって勤務先が近くなり、車の中でゆっくり聞く時間がなくなったことが一番なのですが、なんとなく台湾の芸能関係が多くなった気がしたのと、特集に飽きてきた(似たような特集が定期的にある)ためです。私は台湾が大好きで、台湾国語も大好きなのですが、華流と学習意欲が結びついていないタイプなのです。でも、先月久しぶりに中国語ジャーナルを買ったら、やっぱり面白かったので、特集や誰がインタビューを受けているかを見て、今後も選んで買おうと思います。

私の経験では、ヒヤリング、文法、語彙などは独学でも量をこなせばなんとかなると思います。逆にそれ以外(スピーキング、ライティング)については、独学の限界を感じました。言い方を変えると、インプットは独学でもかなり充実させられますが、アウトプットはどうしても限界があると感じたのです。旧HSKの高等試験でも、听力,综合,语法では10級の判定でしたが、作文と口語の点数が9級(しかも下のほう)だったため、9級しかとれませんでした。逆に、ヒヤリング、文法、語彙などで点が取れない場合は、インプット中心の独学でかなり改善の余地があるのではないかと思います。

仕組み以外で思いついたのが、好きなことを続けていくことです。私の場合は、読書(特に小説)です。好きな本を好きなときに読むだけなので、わりと楽に続けられています。映画が好きな人は、毎週映画を観るとか、ドラマが好きな人だったらドラマを毎日見るとか、その人ごとに続けられることは違うと思いますが、1か月単位では感じられなくとも、長期間続けていると半年後、一年後に効果に気付く時があると思います。
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
朗読、今回も楽しませて頂きました。やはり美しいです。私にはあの教材をスラスラ読むのだけで精一杯なので、あそこまで感情をこめて朗読されている点に敬服です。もっと頑張ろう・・・。

なんてコメントを前回の記事に書こうと思っていたら、もう新しい記事がUPされていて嬉しいです^^ キャロルさんはCJと聴く中国語を徹底的に使われていたのですね。私の場合は買ってもどちらもニュースと興味のある人のインタビューとごくまれに興味のある特集を聞く程度なんですよね。試験対策もしっかり聞けば力になるんだろうけど、どうも続かず。キャロルさんは全編通してお聞きになるんですか?

勝間さんの仕組みの話、なるほどなるほどですね。考えてみれば続いていることって全部仕組みの力を借りているかも。自慢げに書くことじゃありませんが私の場合、「喂奶时间等于是看英文书的时间」です。
2011/11/14(Mon) 08:39 | URL  | めいもっく #cc4cnLXQ[ 編集]
こんにちは。やっと私のHPでもリンクを貼りました。少しでも多くの人にこのブログを見てもらいたいです。
仕組み作りは私も心掛けています。私の学習会の参加者が上達するのは、勉強する仕組みがあるからだと考えています。今は小説の輪読会をしていますが、事前に和訳して朗読しないと輪読会が成立しない仕組みになっているので、参加者は必然的に上達します。
「人前で下手な朗読はしたくない」という心理も利用しています。私も毎回必死に練習してから当日の輪読会に臨んでいます。日本人は「他人に迷惑を掛けたくない」と考えているので、この心理を利用すると上手く行くと思います。発音を間違えると私が間髪入れず指摘するので、準備不足だと指摘ばかりで輪読が進まなくなります。それを一度経験すると、大抵の人は次からよく練習して本番に臨むようになります。
2011/11/14(Mon) 13:03 | URL  | shrimp #l2sKCvpw[ 編集]
めいもっくさん、

コメントありがとうございます!せっかくICレコーダーを買ったので、今後も活用したいと思っています。とりあえずよさそうな文章があったら、また朗読したいと思います。機会があれば、英語の朗読にも挑戦したいです。オーディオスライド、PPTをJPEGに変換しようと思ったんですが、やり方がわからず、写真の上にテキストを打ってみました。まだまだ試行錯誤です。しかし、Movie Makerは面白いですね。写真も簡単に白黒やセピアに加工ができて、びっくりしました!

CJは、主に車の中で聴いているので、操作もあまりできず、本当に聞き流している状態です。自宅で、気になったフレーズや聞き取れなかった部分を見直していますが、全部は無理です。きちんとノートを作ったほうが単語力はつくと思いますが、それは続けられないといった状態です。
2011/11/14(Mon) 16:52 | URL  | キャロル #JnoDGgPo[ 編集]
Shrimp先生、

こんにちは!コメント&リンク、どうもありがとうございます。先生もやはり仕組みを意識されていたんですね。思い返せば、和訳講座も料金設定や毎回の課題のボリュームなど、続けやすい工夫があったと思います。私は楽しく続けられました。

輪読会も楽しそうですね。上達する仕組みを意識して、教えてる中国語教師が日本にどれぐらいいるのかなと考えてしまいます。そういう意味で先生の生徒は幸せだと思います。

今後も細々と書こうと思いますので、また覗いてください!
2011/11/14(Mon) 17:06 | URL  | キャロル #JnoDGgPo[ 編集]
こんばんは。私も(英語ですが)全く同じようなやり方をやっています。リスニングメインです。
キャロルさん、文章上手ですね。まとめるのが上手というか。。。同じようなことを私も考えていて、どうやって表現したらいいか?といつも思うのです。が、自分の頭の中でもやもやしているものがこういう風に整理して記述してもらえた!そんな感じでとても嬉しくなりました。
最近、2足のわらじ(英語・中国語)の学習で両方ちょっと怪しくなってきたので、英語メインに戻しています。
今回の記事の中の「好きなことを続けていくこと」を読んで、ハッと気づかされました。ありがとうございます。
また、学習方法などの記事を楽しみにしています!
2011/11/14(Mon) 23:07 | URL  | SUL #kLCZl7R6[ 編集]
SULさん、コメントありがとうございます。

文章を書くのは好きなのですが、書いたものをほめられるのは小学生以来です。

他の方の学習方法は参考になりますよね。自分に合わないやり方もあるのですが、他の方のブログを読んで私もなるほどーと思うことがあります。

また思いついたことを書いていきますので、見にきてください!
2011/11/15(Tue) 19:26 | URL  | キャロル #JnoDGgPo[ 編集]
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。