中国語と英語を勉強しています。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
| Login |
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-05-02 (土) | 編集 |
先日学生時代の友人と市内のブラジル料理屋に行きました。つぶれたパチンコ店を居ぬきで使って、半分は輸入食品のスーパー、もう半分をブラジルレストランに改装したお店なのですが、内装、家具、料理、従業員100%「ブラジル」でした。日本人のお客さんも数名いましたが、大半はブラジルの方で、ラテン音楽の生演奏にあわせて踊ったり歌ったりしてました。私たちはシュラスコが食べたかったのですが、お店の人から「ごめんねえ、焼く人が休みなので、シュラスコも休みなのよ」と言われました。もう一つの目的だったカイピリーニャ(さとうきびのお酒とライムのカクテル。アルコール度高め)は飲めました。カイピリーニャ、とっても美味しかったです!

ブラジル人の店員さんたちは、とてもにこやかで子供たちにも優しく、ビュッフェなのにわざわざフライドポテトを揚げてテーブルまで持ってきてくれました。帰り際、お店の社長さんから「日本の人来てくれてうれしい。ありがとう。これ子供たちに」とスーパーの商品と思われるお菓子をくれました。日本の地方都市にあるのに数時間ブラジルに行ってきた気分になる不思議なレストランでした。

昨日は海外からのインターン受入れのため、最寄の入国管理局に在留資格認定証明書 (COE)の交付申請に行ってきました。在留資格認定証明書は、外国人を受け入れたい個人・企業・団体が、入国管理局に申請します。この証明書を取っておくと現地の大使館・総領事館でのビザ申請がスムーズになります。最寄の入管もきわめて「日本じゃないみたい」な不思議スポットです。いつ行ってもアジアとラテンアメリカの老若男女でごったがえし、申請書を書くために置いてあるペンや写真を切るのに使うはさみには一本一本でかでかと「持って帰らないでください」と書いたタグがつけられています。

とはいえ、入管は日本のお役所なので、全ての提出書類には、「日本語訳」をつけること、といわれています。翻訳の正確さは全く重要ではなく、「日本語訳がついている」ということがポイントのようで、誰が訳してもいいそうです。今まで何度学生たちの在籍証明書、契約書、卒業証明書を訳したことか。。。なかにはフランス語の在籍証明書しかないという学生もいて、学生にまず英語に訳させて、それを和訳して出したこともありました。インターンの学生たちはみんなとてもしっかりしていて、自分らしく日本生活を楽しんでいます。日本語ができる学生もできない学生もいますが、日々英語を話す機会が増え、英語脳が活性化しているのを感じます。
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。