中国語と英語を勉強しています。
| Login |
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-03-13 (水) | 編集 |
台北に留学していたころ、敦化南路にある誠品書店という大型書店によく行っていました。とにかく居心地がよいお店で、品ぞろえがいいだけでなく、日本の大型書店よりも個性があり、ほどよく洗練されていて、いつ行っても長居をしてしまう場所でした。

まだ読んでいない本が本棚にもKOBOの中にもごろごろあるのですが、ふと思いついて誠品書店のオンラインショップを試してみることにしました。繁体字の本も久しぶりに読みたかったので、ちょうどいいやということで。。。今回買ったのは、こちらの二冊。前からほしかった本です。


≪父親與民國: 白崇禧將軍身影集 上下≫ by 白先勇

634703346912380000.jpg

この本、以前亚马逊で買うことも考えたのですが、「台湾版のほうがきれい」というレビューを書いている人がいたので、やめました。

≪窗外≫by 琼瑶
634377619144621250.jpg

こちらは琼瑶のデビュー作です。以前中国語ジャーナルでインリンが彼女の小説はわかりやすくておすすめだと言っていたので、前から読みたかったのですが、買おうと思った時には亚马逊で売り切れだったりして、まだ買っていませんでした。

≪窗外≫は林青霞主演で映画化されていますが、版権の問題で、これまで台湾で一度も上映されていない幻の作品なんだとか。2011年に出版された林青霞の自伝エッセイ≪窗里窗外≫の出版記念で香港でチャリティ上映されたそうです。≪窗里窗外≫も買いたかったのですが、今回は我慢しました。中国語は読むのに時間がかかるので。。。

634460563013212500.jpg

誠品書店のオンラインショップを今回初めて使ってみましたが、3/9に発注して3/13に届きました。速いです。DHLで届きました。また、届いた本のクオリティは高くきれいです。本の値段は亚马逊よりだいぶ高く、日本よりは安いという感じでしょうか。送料は亚马逊より誠品のほうが良心的です。出版社も本の表紙・クオリティも違うため、単純比較はできないものの、亚马逊で二冊を買った場合と比較してみると:

父親與民國  亚马逊  68元  誠品 684NT$
窗外       亚马逊  18元  誠品 252NT$
送料       亚马逊 220元  誠品 520NT$
合計       亚马逊 306元  誠品1456NT$

日本円換算  亚马逊 4733円  誠品4711円

なんと、わずかですが誠品のほうが安い!という結果になりました。今回買った二冊は、両方とも縦書きで印刷されていて、あれっと思いました。最近ずっと簡体字の横書きで印刷された本ばかり読んでいたので、懐かしくて新鮮な感じです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。