中国語と英語を勉強しています。
| Login |
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-03-26 (火) | 編集 |
王家衛の映画が好きです。特に「花様年華」以前の作品が大好きです。香港に留学するちょっと前に観た「重慶森林」(邦題:恋する惑星)と香港留学時に観た「堕落天使」(邦題:天使の涙)は青春の一部という感じです。

香港や台湾の友人にも王家衛の映画は人気でしたが、友人二人がNo.1と言っていたのが「阿飛正傳」(欲望の翼)です。昨日も香港の友人がFBでこの映画についてつぶやいていたので、思わず反応してしまいました。

欲望の翼 [DVD]欲望の翼 [DVD]
(2012/06/20)
レスリー・チャン、マギー・チャン 他

商品詳細を見る


なんと去年廉価版のDVDが発売されていたんですね。実は以前VHSを買って持っていたのですが、行方不明な上に、もうビデオデッキも使っていないので、先ほど衝動買いしてしまいました。

「阿飛正傳」の舞台は60年代の香港なのですが、とにかく全てがかっこいいのです。劇中の音楽も心に沁みます。キャストも若き日の香港スターが勢ぞろいという感じで、こんな映画はもう二度と撮れないだろうな、と思います。

スポンサーサイト
2013-03-13 (水) | 編集 |
台北に留学していたころ、敦化南路にある誠品書店という大型書店によく行っていました。とにかく居心地がよいお店で、品ぞろえがいいだけでなく、日本の大型書店よりも個性があり、ほどよく洗練されていて、いつ行っても長居をしてしまう場所でした。

まだ読んでいない本が本棚にもKOBOの中にもごろごろあるのですが、ふと思いついて誠品書店のオンラインショップを試してみることにしました。繁体字の本も久しぶりに読みたかったので、ちょうどいいやということで。。。今回買ったのは、こちらの二冊。前からほしかった本です。


≪父親與民國: 白崇禧將軍身影集 上下≫ by 白先勇

634703346912380000.jpg

この本、以前亚马逊で買うことも考えたのですが、「台湾版のほうがきれい」というレビューを書いている人がいたので、やめました。

≪窗外≫by 琼瑶
634377619144621250.jpg

こちらは琼瑶のデビュー作です。以前中国語ジャーナルでインリンが彼女の小説はわかりやすくておすすめだと言っていたので、前から読みたかったのですが、買おうと思った時には亚马逊で売り切れだったりして、まだ買っていませんでした。

≪窗外≫は林青霞主演で映画化されていますが、版権の問題で、これまで台湾で一度も上映されていない幻の作品なんだとか。2011年に出版された林青霞の自伝エッセイ≪窗里窗外≫の出版記念で香港でチャリティ上映されたそうです。≪窗里窗外≫も買いたかったのですが、今回は我慢しました。中国語は読むのに時間がかかるので。。。

634460563013212500.jpg

誠品書店のオンラインショップを今回初めて使ってみましたが、3/9に発注して3/13に届きました。速いです。DHLで届きました。また、届いた本のクオリティは高くきれいです。本の値段は亚马逊よりだいぶ高く、日本よりは安いという感じでしょうか。送料は亚马逊より誠品のほうが良心的です。出版社も本の表紙・クオリティも違うため、単純比較はできないものの、亚马逊で二冊を買った場合と比較してみると:

父親與民國  亚马逊  68元  誠品 684NT$
窗外       亚马逊  18元  誠品 252NT$
送料       亚马逊 220元  誠品 520NT$
合計       亚马逊 306元  誠品1456NT$

日本円換算  亚马逊 4733円  誠品4711円

なんと、わずかですが誠品のほうが安い!という結果になりました。今回買った二冊は、両方とも縦書きで印刷されていて、あれっと思いました。最近ずっと簡体字の横書きで印刷された本ばかり読んでいたので、懐かしくて新鮮な感じです。
2013-03-07 (木) | 編集 |
今日翻訳スクールの評価表が届きました。今学期の先生方は、講義も訳例も本当に素晴らしく、自分の訳文との差に愕然とし、自信喪失の日々でした。毎回睡魔と闘いながら、ギリギリのところで課題を提出していたので、評価はどうなんだろうと不安に思っていましたが、なんと日→中、中→日もAでした!しかも、日→中は全評価項目がAで、訳文の商品価値あり、翻訳実務の開始を勧めるにチェックが入っていました。。。びっくりです。

自分の語学力、翻訳力についてはまだまだだと思っていますが、評価表を見て今学期の辛さが報われたような気がしました。そして今学期はたまたま自分の経験が活かせる内容の課題が多かったように思います。シートベルトとエアバッグに関する課題では、以前会社の研修でエアバッグの爆発を見せてもらったことが役立ちましたし、普段運転している人なら感覚的にわかる部分がありました。また別の課題では、子育てをしているおかげで、ピン!と訳語がひらめいたこともありました。

日本語から英語に翻訳するときもそうなのですが、仕事や生活で経験したことがふっと訳に結びつくことがあります。翻訳してて楽しいなと思うのはそういう時です。

でも、来学期はどうするか迷っています。。。またあのしんどい日々がやってくると思うと、いい評価をいただいても、すんなり継続とは思えないのです。。。
2013-03-04 (月) | 編集 |
前から観たかった『步步惊心』(邦題:宮廷女官ジャクギ)を観始めました。BSジャパンでも日本語字幕で放送していますが、私はインターネットで観ています。

BSS000026_photo01.jpg

第2集まで観ましたが、面白いです!清朝に突然タイムスリップしてしまった女の子(若曦 ジャクギ)と康熙帝の皇子たちの恋愛・歴史ドラマで、最初はとても明るいのですが、第2集の最後のほうやBSジャパンのHPのあらすじを観るとかなり泣ける展開になりそうです。

台湾の友人がfacebookで『步步惊心』の感想として“小虎隊のニッキーウーだ~、懐かしい~”とつぶやいていたのですが、ニッキーは第四皇子(のちの雍正帝)という役どころです。その他の皇子(14皇子までいる?)も皆さんかっこいいです。第40集まであるので、全部観るのは大変です。

しかし、ニッキーもそうですが、華流の役者って息が長いですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。