中国語と英語を勉強しています。
| Login |
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-08-31 (金) | 編集 |
Ha JinのA Good Fall, 英語と中国語で読み始めました。原文に忠実に、丁寧に翻訳されています。中国語版の序章を読むと、翻訳はささーっと超短時間できてしまったようなことが書いてあります。いくら原文も自分が書いているとはいえ、すごいですね。

まだ最初の章しか読んでないのですが、「肉包子打狗,有去无回」という歇后语を英語で表現している部分が面白かったです。

英語原文
Certainly I wouldn't lend her the money, because that might amount to hitting a dog with a meatball - nothing would come back. So I said no.

中国語訳
当然了,我不会借给她钱,那等于肉包子打狗,有去无回。于是我说不借。

Ha Jinの英語の原文と中国語訳はニュアンスがそのまんまキープされていて面白いです。肉包子(肉まん)を a steamed bun with meat stuffingではなく、モノを変えてmeatballにすることで、英語ネイティブにも分かりやすくなっています。「肉包子打狗,有去无回」は辞書で調べると「なしのつぶて」という訳語がよくでてきますが、ここでは使えません。

先学期、中文和訳の先生に″ぎりぎりまで原文のニュアンスをくみ取って表現する努力をしてください”とよく言われていました。これが本当に難しくて、毎回課題が出るたびに頭を悩ませていましたが、翻訳の醍醐味はまさにそこにあるのかなと思います。直訳するとかなりへんちくりんになる文章も課題として出されましたが、意訳して原文のニュアンスが消えてしまうのもよくないので、言葉選びがとても難しかったです。

Ha Jinは序章の中で、最近望郷の念が強くなってきたと書いています。父親が軍人だった関係で、引っ越しが多かった彼は、具体的な場所や家を故郷として想うのではなく、その想いを母語で表現することに注ぎ込んだそうです。私も引っ越しが多かったので、とても共感できます。英語、中国語で読書をしているときは、海外に住んでいた頃を思い出しますし、日本語で読むときはやはりホームにいる安心感があります。

スポンサーサイト
2012-08-27 (月) | 編集 |
ちょっと前に、翻訳者向けのサイト、アメリアに入会しました。入会費、年会費と合わせて2万円強と高いので、かなり迷ったのですが、結局入会してしまいました。

アメリア
https://www.amelia.ne.jp/userTop.do

アメリアでは、翻訳者向けの様々な情報提供のほか、毎月定例トライアルというのが実施されていて、成績がAA,A,B,C,D,Eの6段階で評価されます。課題も細かくカテゴリーが分かれていて、フィクション、ノンフィクション、ビジネス総合、金融、メディカル、日英などがあり、毎月二つのカテゴリーから課題文が出されます。一回参加すると1500円かかりますが、レベル判定のみで、添削はありません。

一番上のAAはそのままプロで通用するというレベルということで、該当者なしのときも多いです。6月の課題は日英とビジネス総合という自分が好きな分野だったので、両方とも参加してみました。結果は日英がB、ビジネス総合がAでした。実は日英のほうで、Aを狙っていたのですが、今日HPに発表されていた講評を読んで自分の文法力や表現力がまだまだだということがよく分かりました。お仕事となると、冠詞とか動詞の選び方とか、本当に難しいです。

7月もちゃんとノンフィクションとメディカルの課題を提出できたのですが、8月は夏休みもあり、一つも出せませんでした。。。課題はどれもそれほど長くないのですが、毎月続けるのはなかなか大変です。インターネット受講している中国語の翻訳スクールは10月半ばまでお休みなので、9月はまたアメリアの課題を頑張ろうと思います。

中国語でも似たようなサービスがあると嬉しいのですが、やはり英語ほど学習者のすそ野が広くないので、難しいだろうなと思います。アメリアには英語以外の翻訳のお仕事や翻訳者の方の体験談なども載っているのですが、英語と比べるととにかく少ないです。

2012-08-19 (日) | 編集 |
A Free Life, 一気に読みました。とてもよかったです。物語に引き込まれていたせいか読んだ後に、久しぶりに英語を話す夢を見ました。

天安門事件をきっかけに、アメリカに残ることを決意した中国人留学生のウー・ナンとその家族の物語です。移民としてアメリカで生活することの厳しさ、理想と現実のギャップ、一生消えない英語の訛り、詩を書くことへの意欲、中国への複雑な思い等が、淡々と描かれています。

物語のクライマックスにナンが妻ピンピンのために書いた詩が出てくるのですが、これがとても感動的です。ピンピンは美人で、頭も性格もよく、手先が器用で料理上手という、素晴らしい奥さんです。この詩を読んだときに、自分のことは後回しにしてずっと夫と息子を献身的に支えていたピンピンが、やっと報われたという感じがしました。

ナンは最終的に自分に言い訳をしないで、自分らしく生きていくことを選びます。地味ですが、幸福感に満ちたエンディングでした。

次はHa Jinの短編集、A Good Fallを読もうと思います。

A Good Fall (Vintage International)A Good Fall (Vintage International)
(2010/10/19)
Ha Jin

商品詳細を見る


なんとこの作品、Ha Jin自身が中国語に訳しているそうです。中国語だと「落地」なんですね。中国語版も読むつもりです。日本語訳だと「すばらしい墜落」という題になっています。

A Good FallA Good Fall
(2010/01/01)
Jin Ha

商品詳細を見る


すばらしい墜落すばらしい墜落
(2011/03/18)
ハ ジン

商品詳細を見る

2012-08-09 (木) | 編集 |
今日は電話で翻訳スクールの先生(中文和訳担当の日本人講師)と15分ほど個人面談をしました。今学期の振り返りと来学期の学習内容について話し合うということでしたが、先生も過去に翻訳の勉強をしながら育児をされていたということで、「焦らないで、長期的な視点を持つ」ことが大事というようなお話をしてくださいました。そして、話の中から先生は優先順位をきちんとつけた上で、ものすごく努力をされてきたことがわかりました。

私は課題を終わらすのに時間がかかることが、悩みだったのですが、先生曰く今の段階では無理に速く訳そうとする必要はなく、完成度の高い訳文を作れるようになってほしいそうです。スピードは量をこなせば、誰でも上がるので、今は目標にしないほうがいいとのことです。全体的にポジティブな評価をいただき、ほっとしました。

来学期の和文中訳は、この学校の看板講師、王先生が担当されるのですが、今学期の先生からも「絶対お勧めです」と言われました。王先生の著作はすでに一冊だけ読んだことがあるのですが、とても面白かったです。日本語と中国語の世界を自由に泳ぎ回っている方、という印象です。王先生はかなり早口らしいのですが、インターネット受講だから繰り返し聴けるので安心です。

中国語翻訳作法―文の理解から訳出のプロセスまで中国語翻訳作法―文の理解から訳出のプロセスまで
(2005/12)
王 浩智

商品詳細を見る


仕事で翻訳をしたり、翻訳スクールの課題をやっているとき、日本語らしさ、中国語らしさ、英語らしさってなんなんだろうと思います。講師の先生たちの訳文は、どんなに訳しづらい文章でもとても自然で、日本語(中国語)らしい表現におさまっているので、そういうところをどんどん真似していきたいと思います。
2012-08-06 (月) | 編集 |
翻訳スクールの最終課題(和文中訳の期末試験)を提出しました。課題は全部で16回ありましたが、全て期限内に提出することができました。毎週2時間の授業をインターネットで受講し、課題を提出するのは、なかなか大変でしたが、なんとかやりとげました。あと2回授業が残っていますが、宿題が無いのでもう気楽です。無事進級できたら、来学期までは続けようと思っています。

最近読書は英語ばかりです。The Hunger Gamesの最終巻を読んでいます。2冊目は1冊目よりも面白く、さっさと読んでしまいました。これは3冊目(最終巻)ですが、2冊目ほど引き込まれません。世間では超不評のKobo Touchですが、私は割と問題なく使えています。スマホやiPadと比べると不便なのかもしれませんが、私は両方持っていないので、よくわからないんです。

Mockingjay (Hunger Games Trilogy)Mockingjay (Hunger Games Trilogy)
(2010/08/25)
Suzanne Collins

商品詳細を見る


夏休みは日本語の本を2冊読むつもりです。

影法師 (講談社文庫)影法師 (講談社文庫)
(2012/06/15)
百田 尚樹

商品詳細を見る


巨額粉飾 (新潮文庫)巨額粉飾 (新潮文庫)
(2011/03)
嶋田 賢三郎

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。