中国語と英語を勉強しています。
| Login |
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-05-23 (水) | 編集 |
先週の翻訳スクールの課題は、中文和訳だったのですが、今までで一番しんどいと感じました。内容が難しいわけではないのに、正確に訳そうとすると骨が折れるという感じでした。なんとか昨日の夜、期限ギリギリに提出できましたが、自信ありません。先生の訳文は本当に上手です。教え方も丁寧なので、次回どのような解説が聞けるか楽しみです。

出したと思ったら、昨日すでに今週の課題(和文中訳)がアップロードされていました。続けることの大変さをひしひしと感じています。6月はプライベートで時間のゆとりがなくなるのですが、途切れないよう頑張ろうと思います。

現在並行して読んでいる本を紹介します。

とつぜん会社が英語になったら… 「まっとうな英語」のすすめとつぜん会社が英語になったら… 「まっとうな英語」のすすめ
(2010/10/26)
宮永 國子

商品詳細を見る


著者は人類学者ですが、英語塾も主催しているというユニークな方です。とつぜん会社が英語になったら・・・という題ですが、何もユニクロや楽天の話ではありません。英語とはどういう言語なのかを人類学者の視点で解説しています。That, This, Itという、中1の1学期に習うような単語の裏にある英語の本質を解説しているのには、目からウロコでした。

そして「まっとうな英語」についても考えさせられます。“会話重視、単語を並べて通じればOK”では、英語でビジネスをやっていくことはできません。また、職場でTOEICの点数は高いのに、外国人上司と不完全なコミュニケーションしか取れない人を何人も見てきたのですが、その理由も見えてきました。英語の裏にあるもの(英語の論理)を身に着けているかどうかはTOEICでは測れません。

また、私が常々感じていた、どんなに訛っていても、シンガポール、インド、香港といった地域の教育を受けた人たちは英語の使い手としては、日本人が思っているよりはるかに上である(まっとうな英語を話せて、書ける)ということも、この本を読んで確信に変わりました。そして、こういったアジアの人たちと競争していくとなると、正直厳しいなと思います。

しかし、著者は危機感はあっても、悲観的というわけでもありません。読んでいて、日本人にはポテンシャルがあるなと思いました。残り1/3を読むのが楽しみです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。