中国語と英語を勉強しています。
| Login |
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-05-23 (水) | 編集 |
先週の翻訳スクールの課題は、中文和訳だったのですが、今までで一番しんどいと感じました。内容が難しいわけではないのに、正確に訳そうとすると骨が折れるという感じでした。なんとか昨日の夜、期限ギリギリに提出できましたが、自信ありません。先生の訳文は本当に上手です。教え方も丁寧なので、次回どのような解説が聞けるか楽しみです。

出したと思ったら、昨日すでに今週の課題(和文中訳)がアップロードされていました。続けることの大変さをひしひしと感じています。6月はプライベートで時間のゆとりがなくなるのですが、途切れないよう頑張ろうと思います。

現在並行して読んでいる本を紹介します。

とつぜん会社が英語になったら… 「まっとうな英語」のすすめとつぜん会社が英語になったら… 「まっとうな英語」のすすめ
(2010/10/26)
宮永 國子

商品詳細を見る


著者は人類学者ですが、英語塾も主催しているというユニークな方です。とつぜん会社が英語になったら・・・という題ですが、何もユニクロや楽天の話ではありません。英語とはどういう言語なのかを人類学者の視点で解説しています。That, This, Itという、中1の1学期に習うような単語の裏にある英語の本質を解説しているのには、目からウロコでした。

そして「まっとうな英語」についても考えさせられます。“会話重視、単語を並べて通じればOK”では、英語でビジネスをやっていくことはできません。また、職場でTOEICの点数は高いのに、外国人上司と不完全なコミュニケーションしか取れない人を何人も見てきたのですが、その理由も見えてきました。英語の裏にあるもの(英語の論理)を身に着けているかどうかはTOEICでは測れません。

また、私が常々感じていた、どんなに訛っていても、シンガポール、インド、香港といった地域の教育を受けた人たちは英語の使い手としては、日本人が思っているよりはるかに上である(まっとうな英語を話せて、書ける)ということも、この本を読んで確信に変わりました。そして、こういったアジアの人たちと競争していくとなると、正直厳しいなと思います。

しかし、著者は危機感はあっても、悲観的というわけでもありません。読んでいて、日本人にはポテンシャルがあるなと思いました。残り1/3を読むのが楽しみです。
スポンサーサイト
2012-05-13 (日) | 編集 |
The Help読み終わりました。いい話でした!おすすめです。

1960年代のアメリカ南部ミシシッピが舞台です。裕福な白人家庭でHelp(メイド)として働く黒人女性たちと、一人の若い白人女性(主人公:Skeeter)の勇気と友情の物語です。白人と黒人が交流することさえ許されなかった時代に、SkeeterはHelp達にインタビューをして一冊の本にまとめることを思いつきます。最初は警戒していたHelp達でしたが、少しずつ心を開き、自分たちの経験や心の中に抑え込んでいた感情や言葉を吐露していきます。

思慮深く、雇い主の子供に愛情を注ぐAibileen, 一番の料理上手なのに、口ごたえをするため、何度も解雇された過去を持つMinnyといったHelp達のキャラがみんな面白くて魅力的でした。白人の登場人物も色々で、バリバリ差別主義の人も出てきますが、ひそかにHelpと心を交わす人もいます。Skeeter本人も自分を育ててくれたConstantineというHelpのことをずっと慕い続けています。裕福な白人が必ずしも幸福なわけではなく、白人同士でもイジメや窮屈な人間関係があったりということも描かれています。なんとなく、ちょっと前に流行ったママ友のドラマに通じるものがある気がしました。ラストは旅立ちと希望を感じさせ、よかったです。

次の一冊は、これにしようと思っています。カテゴリー的にはYoung Adult Novelらしいですが、第一章を読んだ感じでは、Nineteen Eighty-Four (George Orwell) にちょっと似た近未来ものという感じです。Nineteen Eighty-Fourは学生時代に読んだのですが、今でもふと思い出すほど、すごい小説です。

The Hunger GamesThe Hunger Games
(2012/01/01)
Suzanne Collins

商品詳細を見る


Nineteen Eighty-Four (Penguin Modern Classics)Nineteen Eighty-Four (Penguin Modern Classics)
(2004/01/29)
George Orwell

商品詳細を見る
2012-05-10 (木) | 編集 |
ゴールデンウィークに藤子F不二雄ミュージアムに行ってきました。入口で、展示品に関する音声ガイダンスを聞く器械を貸しだすのですが、中国語、ハングル、英語の音声が聞ける器械も常備しているそうです。中国語の器械を借りようかなと思いましたが、結局日本語のにしました。

ドラえもんは、やっぱりいいですね。私も大好きです。記憶が新鮮なうちに、短い作文を書いてみました。


凡是在七十年代出生的日本人都是看着哆啦A梦的漫画长大的。哆啦A梦是伴随我们童年的漫画,已经成为我们童年的一部分。漫画里面出现的角色以及哆啦A梦从他的口袋里掏出来的未来世界的工具,我们都很熟悉。

上个星期五,我跟我女儿参观了位于川崎市郊区的藤子F不二雄博物馆。因为门票得事先在网页预约,所以即使在节日或周末,来参观的人数也不会过多。博物馆的一楼展出藤子F不二雄先生的原稿,二楼展出关于他的漫画人生的资料并设有小剧场和漫画广场,三楼有草坪和主题餐厅。

藤子F不二雄先生的原稿,让我想起自己的童年,跟朋友边吃零食边看漫画,在家里和姐姐看哆啦A梦的动画片等场景都历历在目。藤子F不二雄先生应该被列为日本最成功的漫画家之一,但是从他留下的各个资料,能看得出他人很朴素,对孩子们很有爱心,自己也像个永远的少年。

对我来说,哆啦A梦充满昭和时代的味道,看了就有怀旧的感觉。让我感到有一点意外是,生于21世纪的孩子们也很喜欢哆啦A梦。对现在的孩子们而言,哆啦A梦仍然代表对未来的希望和童年的快乐吗?我真希望是如此。
2012-05-03 (木) | 編集 |
今日やっと Handle with Care読み終わりました!最後のどんでん返しにちょっと唖然としました。骨形成不全症の少女Willowがとても賢くて可愛らしいので、彼女が骨折するたびに心が痛みました。全体的にMy Sister's Keeperとよく似ているのですが、My Sister's Keeperのほうが全体的に丁寧な仕上がりのような気がします。

次は、最近映画が話題になっている The Helpを読み始めました。マイミクやブログ友達にも好評の一冊です。

The HelpThe Help
(2010/05/04)
Kathryn Stockett

商品詳細を見る


中国語の本は、次に何を読もうか思案中です。本当に今更なのですが、杜拉拉にしようかな。。。長らく本棚に放置してあるので、気にはなっているのですが、いわゆるオフィスものって日本語でもあまり読まないので、最後まで飽きずに読めるかどうか。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。