中国語と英語を勉強しています。
| Login |
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-04-19 (木) | 編集 |
私が最初に中国語の小説と出会ったのは、香港に交換留学をしていたときに履修したChinese Literature in Englishの授業でした。白先勇の短編小説《花橋栄記》の英語訳 “Glory’s at Blossom Bridge”を読んだのですが、哀しくて美しいラストシーンがとても印象的でした。

あらすじ
桂林を流れる璃江のほとりに、花橋栄記という名前のビーフン屋がありました。店の創業者の孫娘で、お客さんから“米粉丫头”(ビーフンお嬢ちゃん?)と呼ばれていた主人公は、その後国民党の軍人の妻となり、命からがら単身台北に渡り、内戦で行方不明となった夫を待ちますが、再会することはできませんでした。彼女は、生活のために台北で花橋栄記という名前のビーフン店を開きます。店には帰れぬ故郷を思い続ける孤独な人々が集まります。過去を忘れられず、孤独と絶望の中滅んでいく人々と、逞しく生きていく主人公が対照的に描かれています。ラストシーンで、主人公は店の顧客が遺した一枚の写真を手にします。そこに写っていたのは、二度と戻れない美しい故郷と幸せだった時代でした。


いつかこの小説を原文で読みたいという思いが、留学後も中国語を続ける一つの原動力になりました。留学中、英語で開講されているという理由で、何気なく履修した科目が、その後長い時間自分に影響を与えていると思うと不思議な感じです。(実際に原文で読むことができたのは、だいぶ後になってからですが、いつ頃だったかは忘れてしまいました。) また去年、三毛の《雨季不再来》を読んだときに、白先勇が三毛の作家デビューにも深く関わっていたことを知り、感動しました。

《花橋栄記》が収録されている白先勇の短編集《台北人》は亚洲周刊という香港の雑誌が選んだ“二十世纪中文小说一百强”で7位にランクされています。《花橋栄記》は映画化もされていて、10年ほど前にVCDで観ましたが、映画は、まあ普通でした。本当にちょっとですが、デビューした頃の周迅が出演しており、大変可愛いらしいです。《台北人》は日本語訳も出ていますが、こちらは未読です。

台北人
(新しい台湾の文学―現代台灣文學系列) 白先勇 (著, 原著) 山口 守 (翻訳)

白先勇は、著名な軍人(白崇禧)を父に持ち、桂林に生まれました。その後重慶、南京、上海、香港と各地を転々としながら幼少時代を過ごしました。以前、上海のフランス租界に白家が住んでいたお屋敷を見に行ったことがありますが、ため息が出るほど美しい洋館でした。彼の小説は故郷、伝統文化、大家族といった中国的なものや特殊な時代背景を描きながら、人間の孤独、生死、愛憎、業といった普遍的なものが表現されていて、心に響くものがあります。
スポンサーサイト
2012-04-13 (金) | 編集 |
先週末にやっと海岩の《玉观音》読み終わりました。悲しいラストでしたが、今回は主人公(安心)の決断に共感することができました。オーディオブックはあと数章分残っていますので、引き続き通勤時間に聞いていますが、ちょうど今がクライマックス!内容は分かっているのに、聞いているとちょっとドキドキします。

Amazonには、“謎の美少女をめぐる3人の男たちの、究極の「愛」と「復讐」の物語”、と書いてありますが、それほどドロドロした感じではありません。また、著者・海岩氏からのメッセージには、“この作品は、死に直面し、屈辱に耐え、幾多の悲しみを経て、肉親との別れをも経験した主人公が、多くの災難を乗り越えて、ついに心身ともに安らぎの境地にたどり着く、という物語です”とあります。肉親との別れの部分については、私も読んでいて心が痛みました。そして、最後に自分の過去を全て捨てて、痛みを乗り越えていこうとする安心の潔さには、すがすがしさを感じました。日本語版もちょっと読んでみたいですが、単行本はなかなか買えないです。

玉観音 海岩

今はJodi Picoult の"Handle with Care"を読んでいます。2年ほど前に"My Sister’s Keeper"を読んだのでJodi Picoultの本は2冊目です。My Sister's Keeperは 映画化され、「私の中のあなた」という邦題で日本でも公開されました。小説はとても面白かったのですが、会社の先輩から、映画と小説はラストが全然違うと聞き、映画はあまり観る気になれませんでした。

Handle With CareHandle With Care
(2009/09/15)
Jodi Picoult

商品詳細を見る


My Sister's KeeperMy Sister's Keeper
(2007/02/22)
Judi Picoult

商品詳細を見る


"My Sister’s Keeper"と同じ形式で、″Handle with Care”も難病の女の子を中心に話が進み、その他の登場人物が各章ごとに一人称で語っていきます。親しい人との間の訴訟、家族間の衝突、病気の子供に対する姉妹の複雑な気持ちといったところは、"My Sister’s Keeper"に良く似ています。"My Sister’s Keeper"のKateは白血病でしたが、"Handle with Care" のWillow は骨形成不全症という先天性の病気を抱えています。

骨形成不全症患者は、骨が非常にもろく、簡単に骨折してしまうため、制限の多い生活を強いられます。Willowの母親は、献身的に育児をしていますが、骨折を防ぐために日々細心の注意を払い、骨折した際にはつきっきりで看病してと、心も体も疲弊しています。家族全員で訪れたディズニーワールドで、Willowが不運にも骨折してしまったことをきっかけに騒動が起き、両親は弁護士事務所を訪れます。そこで本来訴えたかった相手とは別の相手(母親の親友でもある助産師)を訴えることで、賠償金を得る可能性があることを知ります。しかし、訴えを起こすためには、妊娠中の早い時期にもし病気がわかっていたら、中絶していたはずだと主張しなくてはなりません。1/4ほど読み終えましたが、続きが気になります。
2012-04-06 (金) | 編集 |
毎年3月になるとなぜかラジオ中国語講座が聞きたくなるので、テキストを買って聞いていました。朝の通勤時間にも合っていたので、ほぼ毎日ちゃんと聞いていました。初級編も応用編もなかなかまとまった内容でよかったと思います。特に応用編は補語の達人を目指すという内容で、分かりやすくためになりました。NHKのラジオ講座は、コストパフォーマンス的にはとても優れています。4月からは、番組編成が変わり、応用編は“レベルアップ中国語”という違う番組になってしまい、通勤時間に聞けなくなったのが、とても残念です。

また、3月は短い作文ばかり書いていました。Lang-8に投稿すると、中国人の若者たちがあっという間に添削してくれたり、コメントをくれるのが楽しくて、1か月に10回も投稿してしまいました。(ブログには一部アップしました。)そろそろ翻訳スクールの新学期も始まるので、作文はこのペースでは書けなくなりそうですが、面白かったです。

読書は1か月以上かかって、やっと海岩の「玉観音」が終わりそうです。オーディオブックもほぼ同時進行で聞いています。通勤時間が長いからこそできる学習法だとつくづく思います。玉観音は一章が大体30-40分あるので、ちょうどいいのです。オーディオブック付きの本があと3冊あるので、ゆっくり読んでいこうと思います。また英語の本も今一冊同時進行で読んでいますので、面白かったらまた紹介します。

ここ数年、テキスト類はあまり買っていなかったのですが、象さんがブログで紹介していた本が面白そうだったので、買ってみました。これはなかなか面白いです。意外と口から出てこない日常的な表現が勉強できます。ナレーションが声優のセイラというのもいいです。セイラは中国語ジャーナルのナレーションも担当するようになりましたが、メリハリがきいています。(张晔さんは声が高すぎて、私は若干聞きづらかったのです)

起きてから寝るまで中国語表現700起きてから寝るまで中国語表現700
(2012/01/16)
顧 蘭亭、及川 淳子 他

商品詳細を見る


あんまりモチベーションが上がらないな、勉強が進まなかったなと思っていましたが、こうやって書きだしてみると、全くやっていなかったわけではないことがわかります。ただ、もっと紙と鉛筆を使う学習が必要ですね。バランスよく勉強するのは難しいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。