中国語と英語を勉強しています。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
| Login |
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-12-02 (金) | 編集 |
Tuck Everlasting by Natalie Babbitt

Tuck EverlastingTuck Everlasting
(2007/08/21)
Natalie Babbitt

商品詳細を見る


大昔に読んだのですが、印象に残っている本です。永遠の命を手に入れたためにさまよい続けるTuck一家と少女Winnieの物語です。萩尾望都の「ポーの一族」を読んだときに、この本を思い出しました。小学校高学年~中学生向けの本なので読みやすいですし、美しい英語・ストーリーだと思います。久しぶりにラストのところを読んで、少し泣いてしまいました。

今回は、この本のPrologueをご紹介します。英語音声、初公開です。中国語は何度か公開していますが、英語はこんな感じです。学習歴に比例して英語>中国語なので、なんとか英語=中国語になるよう中国語のレベルを上げたいと思っています。理想は日本語=英語=中国語になることなのですが、これは趣味でやっている限り無理ですね。。。

http://www.youtube.com/watch?v=TJzXXCfVMVQ

Prologue

The first week of August hangs at the very top of summer, the top of the live-long year, like the highest seat of a Ferris wheel when it pauses in its turning. The weeks that come before are only a climb from balmy spring, and those that follow a drop to the chill of autumn, but the first week of August is motionless, and hot. It is curiously silent, too, with blank white dawns and glaring noons, and sunsets smeared with too much color. Often at night there is lightning, but it quivers all alone. There is no thunder, no relieving rain. These are strange and breathless days, the dog days, when people are led to do things they are sure to be sorry for after.

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。