中国語と英語を勉強しています。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
| Login |
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-04-29 (水) | 編集 |
娘のクラスに中国ハルピンから転校生Mちゃんがやってきました。Mちゃんは日本語が話せないので、初日に泣いていたと聞き、自分がアメリカの小学校に入った初日の情景が目に浮かびました。そうよね、言葉が分からない教室で一日過ごすのは本当に辛いよね、といてもたってもいられず、中国語でお手紙を書いて娘に渡してもらいました。Mちゃんは、なぞの同級生のお母さんからの手紙に???という感じだったらしいですが、読んだらにっこりしていたそうです。

後日参観会でMちゃんのお母さんともお話しました。お母さんもあまり日本語ができないようでした。中国語で自己紹介をしていたら、先生から「すいません、これとこれMちゃんのお母さんに中国語で説明をお願いします」と頼りにされ、ちょっと嬉しかったです。

土曜日が参観日だったので、月曜日は振り替え休日になるのですが、月曜の朝7時にMちゃんのママから電話があり、「今日誰も子供が学校に行ってないんだけど、お休み?」と聞かれました。「そうだよ、土曜日に行事があったときは、月曜日は休みになるんだよ。」と説明しました。

本当に微力ながら、先生やMちゃん親子の役に立てたことは嬉しかったのですが、自分の中国語のレベルの低さ・錆び付き方に打ちのめされています。学校の行事とか持ち物の説明がうまくできなかったし、Mちゃん親子の話していることが一部聞き取れないのです。これは以前から感じていたのですが、大陸の方と話していると、全てあるいはほぼ全て聞き取れる相手と、一部聞き取れない相手がいるのです。この差はどこからくるのでしょう。。。結論としてはレベルが低い、ということなのですが。。。
スポンサーサイト
2014-10-03 (金) | 編集 |
10月1日は我が社も内定式でした。実は私今年から新卒採用の主担当となり、採用ナビの準備、書類選考、会社説明会、面接と3月~6月は目が回る忙しさでした。2回だけですが、外国人幹部と英語が全く話せない学生のために面接の通訳もやりました(これがめちゃくちゃ疲れるのです。学生より私が緊張しました。)なんとか目標採用人数を達成し、上司にも合格点をもらい、新卒採用は7月で無事終了。そして10月1日の内定式でとりあえず一区切りです。

責任重大で大変な仕事でしたが、振り返るととってもやりがいがあり、自分も成長できたと思います。内定者と会うたびに后生可畏という四字熟語が頭の中をグルグル回っていますが、姜还是老的辣 と思ってもらえるように、私もレベルアップしたいと思います。

勉強は完全にストップしていますが、趣味の読書はそこそこ充実しています。中国語は全然読んでいませんが。。。

最近読んだのがこちら。ホラーだと思って読んでいたら、後半はとても哀しい話でした。Stephen Kingの本は分厚いので、ちょっと読むのが大変です。もっとがーっと読みたかったです。

Pet SemataryPet Sematary
(2001/02/01)
Stephen King

商品詳細を見る


現在読んでいるのがこちらです。こちらも結構分厚いですが、すごく読みやすい!

The Little FriendThe Little Friend
(2011/09/30)
Donna Tartt

商品詳細を見る


夏休みに読んだのがこちら。Yiyun Liの最新作です。


Kinder Than SolitudeKinder Than Solitude
(2014/02/25)
Yiyun Li

商品詳細を見る


2013-11-09 (土) | 編集 |
9月末に同僚が病気のため、戦線離脱してしまいました。もともと人数が少ない部署なので、自分を含め残った人たちの負荷が一気に増えてしまいました。病気になった同僚は約一ヵ月後に無事職場復帰したのですが、安心したのもつかの間、11月の頭に今度は別の同僚が異動になってしまいました(補充なし)。そんなこんなで、仕事量ががーんと増えて、10月は久しぶりの仕事中心の一ヶ月でした。自分なりにかなり頑張った結果、そこそこ成果も出てきたので、努力の甲斐はあったのですが、11月も引き続き忙しい状態です。

ただ忙しさの中にあって思うのは、やっぱり働くのが好きということです。私は管理部門所属なので、お客様と接する大変さや、人に感謝されることは、少ないのですが、新しいことを覚えたり、誰かと協力して何かをやるのは、やはり楽しいです。今の部署に着てから1年ちょっとなので、まだまだ知らないことも多く、部署内の問題もいろいろあるのですが、仕事を辞めたいと思うことはありません。(休みたい!とはよく思いますが)

英語は日々の業務でも使いますが、中国語はとんとご無沙汰です。仕事と子供のことで頭がいっぱいで、自分の勉強どころではありません。去年の今頃は翻訳スクールの課題を頑張っていたなんてうそのようです。ブログの題名もそろそろ変えたほうがいいかも。。。というより、このテーマでブログを続けるのが難しくなってきています。


2013-08-07 (水) | 編集 |
上海は行きも帰りも一泊しました。大都会上海も通り一本裏に入るとのんびりした空気が流れていました。ものすごいスピードで変化しているもの、変わらないもの、どちらも上海らしいと感じました。

珍しく贅沢してペニンシュラホテルでランチ。点心が美味しく、景色とサービスも最高!
peninsula.jpg

バンドから徒歩数分でこの生活感。でも変わらないでほしい気がします。
shanghai.jpg

こちらもバンドから徒歩数分のところで見つけた移動観葉植物屋さん。
竹のカゴにコオロギが。。。店主は道端でお昼寝中でした。
shanghai2.jpg

今回買った本は3冊のみ。まずは海岩の最新作。
124872707_11n.jpg

次は余華の最新作。
166641_114083.jpg

後一冊はベストセラーのエッセイ本でした。平積みされていたので、手にとったら「それ買うと雑誌がおまけにつくからお得だよ」と言われたので買ってしまいました。おまけの雑誌は中文版のVOGUE!普段絶対読まない類の雑誌ですが、大大大好きな映画「The Virgin Suicides」のソフィア・コッポラ監督のインタビューが載っていたので、嬉しかったです。ちなみにこの映画中国語の題は「折翼天使」だそうです。

勉強のネタがほとんど無いブログになってきていますので、なんだか申し訳ないですが、中国旅行をすると話せるっていいなと実感します。今回も親切な方やフレンドリーな方とたくさん出会いました。次の駅で降りるからと地下鉄で子供に席を譲ってくれた若い上海の女性や、わざわざ自分の席を譲るから前に来て!と社内放送してくれた九寨溝のバスガイドさん、ロープウェーの中でにこにこと話しかけてきたおしゃべりな江西省から来ていたファミリーもいました。私は中国語の「小朋友」という言葉が好きです。子供に対して敬意・好意を感じますし、子供に呼びかけるときに「ぼうや」や「おじょうちゃん」より気さくな感じがして使いやすいと思います。
2013-08-07 (水) | 編集 |
日程に余裕があったので、ホテルの近くのチベット族の村で乗馬を体験しました。緑溢れるのどかな環境での乗馬はとても爽快でした。

zhongchagou3.jpg


zhongchagou2.jpg


スーパーも可愛いですね。
zhongchagou.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。